037.やさしい君

 最初、その子供を見たときにレイラが抱いた感想は――とてつもない逸材だ、というものである。
 そして少しの間観察して、さらに別の理由から、家に連れ帰ればあの貴族どもは飛び上がって喜ぶだろうと判断した。だから、しばらくしてから強引に拉致してきたのだ。
 まずいという気分ではなかった。こんなことは数え切れないほどやってきているし、そもそも奴隷などというものはほとんどが連れ去られた上でなるものである。少なくとも彼女が仕える家では。
 レイラにとってその子供は、少し風変りなだけの奴隷――ペット、と呼ぶ者が多いがレイラはその呼称の方が好きではない――であった。
 ただやたらと肝が据わっていることに驚いたりもしたが、それだけである。
 だがある日、彼はレイラのことを変わったやつだとうそぶいたのだ。そして、子供のくせに無表情だと難癖をつけておきながら、よく見るとおまえも笑ったりすることがあるなどと抜かしてくれた。
 そのときの彼の空色の瞳は、ただの子供の瞳であった。彼女が彼をこの家に引きずってきたことなど、とうに理解しているはずなのに、憎しみも蔑みもない。
 このときから、人形となった少女は少年に興味を抱いた。
 少年――クラインとレイラは、いろいろな話をするようになった。主人がいないときにしかできないのだが、それでもお互いを知るには十分である。気がつけば彼らは、ある程度心を許し合うようになっていた。
「おまえの体力と精神力の限度というやつが気になるな」
「……なんじゃそりゃ」
 本日の仕事を終えてすぐのクラインに、レイラは小さな窓の枠の上から話しかけた。クラインは、彼女の方を見ながら目を細める。くだらないと吐き捨てるような視線を見て、レイラはつい意地悪を言ってみたくなった。
「一度、限界まで痛めつけてやろうか」
 だがクラインは少しも表情を変えないまま応じる。
「やってみればいいんじゃね? それでオレが半狂乱になって、この屋敷全壊させても良いって言うんなら、だけどな」
 半分冗談、半分本気という感じの口ぶりに、少女は思わず噴き出した。
「おまえは面白いことを言う」
「本気でやったらおまえ、死ぬかもしれないのに」
「いや、それはないな」
 幼い口調できっぱりと断定した。すると今度は、クラインの方がにやりと笑った。
「ほーお? ずいぶんとご自分の腕に自信がおありのようだな、守護者サマよ」
 レイラは否定をしなかった。代わりに、少し姿勢を変えて微笑む。
「それもあるがな。それ以前に、おまえはそんなことをするような奴じゃない」
 おまえ、と呟いたクラインは嫌な物を見るような目でレイラをにらんでくる。
「自分が何やったか忘れたか? とうとうボケが入ったか?」
「いいや、忘れていないとも。だがおまえは私を殺しはしないだろう。優しいからな」
 レイラとしては真摯な受け答えをしたつもりだったが、クラインは渋い顔のまま押し黙ってしまった。

 レイラは遠くの空から見ていた。
「おまえは本当に」
 視線の先にいるのは二人の少年。一人がおぼつかない足取りになりつつあるのを、もう一人が支える。支えられた方の彼は嫌そうな顔をしつつも、素直に身をゆだねた。
「本当に優しすぎるんだ」
 レイラは、眼下にいる少年に、クラインに向かって静かに語りかける。当然、声は届かない。
「おまえが私を殺さねば、いつか私がおまえを殺さなくてはならなくなるぞ」
 それは誇張ではない。れっきとした事実だ。
 いくらか失望を含んだため息をもらしたレイラは、しかし次の瞬間にぞっとした。
 空色の瞳が、こちらを見ていたのである。
――そのときは受けて立ってやるよ。
 そう、言っているようであった。
 無言の宣戦布告を受けたレイラはふっと微笑むと、今度こそ町から姿を消した。

目次
Copy Right(C)2014 海の部屋 All rights reserved.